パチスロ攻略するなら、北斗の拳青ドンエヴァンゲリオンシェイクも「パチスロ必勝攻略ガイド」。パチスロで勝つための攻略法が満載!
楽天証券
  1. 証券会社の選び方
  2. 楽天証券
  3. マネックス証券
  4. Eトレード証券
  5. オリックス証券
  6. 松井証券
  7. かざか証券

■楽天証券

日本初のオンライン証券会社「DLJディレクト証券」を楽天が買収して誕生したのが楽天証券です。口座数はどんどん伸びており、すでにネット証券会社2位。手数料・サービス・情報提供などあらゆる面で高い水準を誇っています。

まずは手数料。
売買手数料は口座開設から3カ月間は、1日の約定代金が20万円までなら完全無料で取引できます。
ここでお得な裏技があります!
同様のサービスを行っている丸三証券や松井証券にも口座を開設すれば…
「楽天証券」(20万円まで無料)
「丸三証券」(20万円まで無料)
松井証券」(10万円まで無料)
3つの証券会社合わせて50万円まで取引が手数料完全無料にすることができるんです。
50万円以下で株式投資をはじめる方は、かなりオススメの裏技ですよ。私も株式投資を始めた頃は、この裏技でコツコツと利益を上げていました。
そして、完全無料の期間が終わっても、楽天証券は約定代金50万円までなら525円と業界最低水準!国内株式でも逆指値注文が可能で、信用取引は30万円からはじめられます。おまけですが誕生日手数料無料サービスというのもありますw当然口座開設料・口座管理料は無料です。

次にサービス面。
国内株式の取引手数料の1%が楽天スーパーポイントとして貯まり、楽天市場でのお買物に使えます。
携帯電話(iモード・ボーダフォンライブ!・EZweb・FOMA)からの注文はもちろん、電話による注文受付などのカスタマーサポートも充実しています。
「価格が上昇し、指定した値段以上になれば買い」、「価格が下落し、指定した値段以下になれば売り」という注文オーダー、『逆指値注文』にも対応しています。
取扱い商品も豊富で、日本株の他、米国株と中国株(香港)株両方を扱っているネット証券会社は楽天証券のみですよ。

そして情報提供。
実質無料の「マーケットスピード」というソフトで完全リアルタイムで株価や板の状況がわかり、スピーディに注文できます。ロイターのニュースなどもリアルタイムで速報されるので、本当に証券会社のディーリングルームにいるのと変わらないんじゃないかと思いますよ。それぐらい「マーケットスピード」はスゴイですね。証券会社の情報ツールとしては、間違いなくNo.1です。