パチスロ攻略するなら、北斗の拳青ドンエヴァンゲリオンシェイクも「パチスロ必勝攻略ガイド」。パチスロで勝つための攻略法が満載!
オリックス証券
  1. 証券会社の選び方
  2. 楽天証券
  3. マネックス証券
  4. Eトレード証券
  5. オリックス証券
  6. 松井証券
  7. かざか証券

■オリックス証券
オリックス証券
売買手数料の安さで選ぶならオリックス証券でしょう。国内株式の手数料は50万円までなら735円と業界最安値で、信用取引の手数料は300円とダントツの安さです。
信用取引というとリスクが高いように感じるかも知れませんが、信用取引を申し込んでおいて、実際には信用取引を行わなくてもOKです。それでも手数料は300円になるので、結局オリックス証券の売買手数料が一番安いというわけです。
ちなみに信用取引ではない国内株式の手数料コースは2つから選べます。
「一日定額コース」は一日の約定代金600万円まで3150円で業界最低水準。「約定ごとコース」の最低手数料735円で、こちらも業界最低水準です。
オリックス証券は売買手数料が安いだけではなく、取扱商品もかなり豊富で、「オリックス・マーケットプラス」という無料ソフトで多彩な投資情報を入手できたり、とオールラウンドに活躍する証券会社ですよ。